コスパの良いパーツ選び

BTOメーカーにはゲームPCが大量にあります。もうどれを選んだらよいかわからないレベルです。パーツの知識がないとなんとなく数値の大きさでしかスペックを判断できません。本当にコスパの良いパーツはなんなのでしょうか。

CPU

BTOパソコン人気ランキングの情報が参考になるのでおすすめです。売れ筋上位にいるCPUはCore i7-4770です。もうちょっとハイスペックなCore i7-4770Kも人気です。ただ、コスパが良くてオンランゲームがプレイできるのはCore i7-4770でしょう。

メモリ

BTOパソコンのメモリは8GB以上搭載されているのが普通です。15万円以上するゲームPCになると16GBあるものもありますが、パソコンショップの店員からの情報によるとメモリはそんなにたくさんあっても意味が無いそうです。オンラインゲームをプレイするくらいだったら8GBで充分なのです。大容量の画像や動画を編集するような用途がない限りは8GBでOKです。

グラフィックボード

ここは自分がどんなオンラインゲームを動かすかによって大きく変わります。コスパ重視ならGTX760です。GTX760でほぼすべてのオンラインゲームをカバーできますが、ビデオメモリが2GBしかないという弱点があります。新しいFPSやMMORPGは推奨スペックでビデオメモリを3GB以上としているものがあります。その場合はGTX780以上のグラフィックボードを選びましょう。GTX770は中途半端なので選び理由がありません。

ストレージ

HDDは1TBで充分でしょう。ダウンロードしてパソコンに何かを大量に保存するなら2TBあってもいいですね。ただ問題はHDDでいいのか?という点です。私はHDDよりもSSDをおすすめします。はっきり言ってコスパはHDDよりも悪いです。3倍くらいの価格がありますからね。でも高いだけの価値があります。ノートPCだろうとデスクトップだろうとSSDを選んでください。でもSSDだけだと容量が少ないので、SSDとHDDの両方を搭載するようにカスタマイズするのがベストです。